夜に飲もう!くすみ対策ハーブティー

夜のティータイムは、睡眠を妨げるカフェイン含有飲料を飲むのではなく、ノンカフェインのハーブティーを飲むほうがおすすめ。

 

基本的には「好きな香りのハーブティー」を飲めばそれだけで安眠につながりやすいので、どんなハーブティーでもいいのですが、もし、あなたが今のところ「このハーブティーじゃなきゃダメ」というこだわりがないのであれば・・・

 

できることなら、「くすみ対策に役立つ作用を持つハーブティー」を選んでみませんか?

 

くすみ対策に役立つ作用を持つハーブティーはこれだ!

ではさっそく、くすみ対策に役立つ作用を持つハーブティーをご紹介しましょう。

 

まずは、カモミールティー。カモミールは美白作用が高いことで知られるハーブで、スキンケア成分にもそのエキスが美白のためのエキスとして使われているほど。
ハーブティーとして飲んでも、その効果が期待できます。

 

美白・美肌に欠かせないビタミンであるビタミンCの摂取を積極的にしたいのなら、ローズヒップティーやハイビスカスティーがおすすめ。
この2つは、数あるハーブティーの中でも間違いなくトップクラスのビタミンC含有量を誇っています。特にローズヒップに含まれるビタミンCは熱に強いのでおすすめですよ。

 

血行不良によるくすみが気になる人には、血行促進作用の高いエルダーフラワーティーがおすすめです!

 

また、「活性酸素の刺激によるメラニン生成の抑制」という観点からは、抗酸化作用の強いルイボスティーが有効と考えられます。

 

メラニン色素の生成抑制作用がすぐれたハーブティーとしては、美白成分アルブチンを含む、ヘザーフラワーティーも見逃せませんね。

 

また、くすみだけでなく「全体的な肌老化」が気になる人にとっては、抗酸化作用とエイジングケア作用にすぐれたローズマリーティーもおすすめ、と言えるでしょう。

 

ハーブティーを飲むタイミング

というわけで、くすみ対策に役立つハーブティーをいくつかご紹介しましたが、せっかくですから、そのハーブティーの作用を最大限に生かすための「飲むタイミング」についても知っておきましょう。

 

夜のハーブティーは、就寝1時間前くらいのタイミングで飲むのがおすすめ。

 

このタイミングだと、ちょうど「ハーブティーの温かさで寝る前に体温が適度に上がる」という状況になります。

 

人間の体は「体温が下がるのとともに眠気が来る」というメカニズムを持っているので、ハーブティーで事前に少しだけ体温を上げておき「あとは下がるだけ」という状態にしておけば、寝つきも、睡眠の質も良くなるという理屈です。

 

寝つきや睡眠の質が良くなれば、肌のターンオーバーの質も上がり、それが結果的にまた、くすみの改善にもつながるというわけですね。