自宅で簡単に作れるピーリング剤

くすみ改善の手段としてなかなかの人気を集めているのが、「ケミカルピーリング」です。

 

ですが、エステや美容皮膚科・美容外科などでのケミカルピーリングは高価ですし、かと言って、通販で買えるケミカルピーリングキットは、「薬剤が強く、敏感肌の人には大きな肌刺激になってしまう」などというリスクがあります。

 

それよりも、もっとマイルドで安心度の高い、手作りピーリングをやってみませんか?

 

とってもマイルド!自宅でのピーリング、まずはここから

ではまず、ほとんどの人に使える、とてもマイルドなピーリングからご紹介しましょう。

 

やり方はとっても簡単。
無糖のヨーグルトパックを購入し、そのヨーグルトパックに溜まった「乳清(透明な液体部分)」だけを、顔に塗るだけです。

 

入浴後の清潔な顔に、乳清をたっぷり塗ってから、10分から15分ほど待ち、ぬるま湯で洗い流せばOK!あとはいつものスキンケアをして下さい。

 

これだけで本当にピーリングになるの?と思われるかもしれませんが、乳清に含まれる「ホエイ」の作用で古い角質がやわらかくなりますので、これだけでも古い角質を落とす効果はかなりあるんですよ。

 

もっとピーリング効果がほしい人にはこれ!

では次に、もっとピーリング効果がほしい人向けの「本格的な手作りピーリング剤」をご紹介しましょう。

 

用意するものは、粉末のクエン酸と食品用または美容用の重曹、そして精製水。どれもドラッグストアで手軽に購入できます。

 

粉末クエン酸小さじ1・重曹小さじ3分の2に対して、精製水50cc、これをよ〜く混ぜます。重曹を入れると泡立つので、重曹は一気に入れず、少しずつ足すように入れましょう。

 

こうして作ったピーリング剤を、大さじ1杯程度、顔全体にのばしてつけ、3分ほど待ってから、ぬるま湯でしっかり洗い流せばOKです。使用頻度は、週に1〜2回程度にしましょう。

 

このクエン酸+重曹のピーリング剤は、乳清のピーリングと比べると、効果が高い分、肌刺激のリスクもありますから「毎日このピーリングをやる」「ピーリング剤は顔につけたまま長時間放置」「顔そりをした日に、このピーリング剤をつける」などということは、絶対にやらないようにしましょう。

 

また、乾燥肌・敏感肌だという自覚がある人は、事前にパッチテストをしておくことを強くおすすめします。