MENU

パソコン・スマホのブルーライトとくすみの関係

あなたは、日ごろ、パソコンやスマホの操作を長時間やっている、という自覚はありますか?

 

もし、その自覚があるのなら要注意!

 

なぜかというと、パソコンやスマホの長時間操作が、くすみの原因となってしまう可能性があるからです。

 

パソコン・スマホ画面のブルーライトがくすみを招く!

パソコンやスマホの長時間操作が、なぜ、くすみの原因になってしまうのかというと・・・

 

それは、パソコンやスマホの画面から出る可視光線「ブルーライト」が大きく関係しています。

 

ブルーライトというのは、今主流となっている、LEDを使った液晶画面から、常に大量に出ています。かつて、パソコンがブラウン管モニターだったころは、まだブルーライトの量も少なかったんですけどね。

 

このブルーライトの光の作用はとても強く、目に強烈なほどの眼精疲労を起こさせます。
パソコンやスマホの操作というのは、どうしても「テレビ視聴と比べると、画面と顔の距離がはるかに近い」という状態になることから、ブルーライトによる悪影響を、まともに受けてしまいやすいのです。

 

長時間ブルーライトを浴びていると、まず、眼精疲労によって目の周りから血行が悪くなっていきます。そして、「目の下のクマの発生」という部分的なくすみから、「毎日、大量のブルーライトが長時間目に入る状態が続くことで、血行不良がどんどん悪化する」という悪循環が生まれ、いつしか、顔全体にまで血行不良によるくすみが広がってしまうことも。

 

また、ブルーライトによる刺激は睡眠を阻害してしまうという作用もあるので、この点でも「寝不足によって目の下のクマをさらに悪化させる」「新陳代謝を妨げる」などといった理由で、くすみを作り出してしまうことになります。

 

どうすればいい?ブルーライト対策

というわけで、ブルーライトを大量に出してしまうパソコンやスマホの画面は、くすみを生み出してしまう「大敵」というわけなのですが、この害を少なくするにはどうしたらいいかというと・・・

 

まず、もっともおすすめなのは、パソコンやスマホの使用時間を減らすこと。

 

ですが、「仕事でパソコンは必須」などといった理由もあり、使用時間を減らすと言っても限度があるでしょう。

 

それならせめて、「PC用メガネ」「ブルーライトカットメガネ」などというタイプのメガネを利用してみましょう。こうしたメガネは、ブルーライトを3割から5割程度カットする効果があると言われていますので、これをかけるだけでも、ブルーライトによる悪影響をかなり減らすことができます。

 

ちなみに、ここで、ブルーライトをカットするメガネについての、耳より情報をお教えしちゃいましょう。

 

ブルーライトをカットするメガネは、わざわざメガネ屋さんに行かなくても、なんと、大手の100円ショップでも取り扱っています!たった「税別100円」で、ブルーライトによるくすみ対策ができる、と考えれば、とてもお得だと思いませんか?

 

ちなみに、私がブルーライト対策として日ごろ使っているメガネも、とある100円ショップで購入したものなんですが、確かに「疲れ目の度合いが楽になる」という効果は感じますのでおすすめですよ。