正しいクレンジングと洗顔

汚れをきちんと落とし、なおかつ、肌にダメージをできるだけ与えない・・・
そんな正しいクレンジングと洗顔をマスターすることは、くすみ対策のためにとても大切なことです。

 

正しいクレンジングのやり方

ではまず、正しいクレンジングのやり方からご紹介しましょう。

 

まず、クレンジング剤をつける手を清潔に洗い、タオルで拭いてから、クレンジング剤を手に取ります。

 

クレンジング剤は、オイルタイプや拭き取りタイプなどを使わず、クリームタイプを選ぶこと。落ちにくいポイントメイクをしている人は、クレンジング剤を手に取る前に、ポイントメイクがある部分にオリーブオイルを少しつけて、ポイントメイクの油分となじませておきましょう。

 

次に、手に取ったクレンジングクリームを、「手のひらの上で」しっかりと広げます。顔の何ヶ所かにクレンジングクリームをチョンチョンとつけてからのばして広げる、というのではなく、手のひらで広げたクレンジングクリームで、顔をなでるようにして、クレンジング剤を顔に行き渡らせるのです。

 

小鼻や目の周辺・唇など、細かい部分は、さらにそこから指の腹でクレンジング剤をやさしくすべらせるようにして、行き渡らせましょう。指の腹ですり込むようにぐいぐいクレンジングしてはダメですよ。

 

こうして軽く行き渡らせるだけでも、数十秒もすれば、クレンジングクリームの白色が透明に変わってきます。こうなったらあとはぬるま湯でやさしく洗い流すだけです。

 

洗い流しのぬるま湯は「人肌より少しぬるい程度」の温度で、洗面器から手ですくって、やさしく洗いましょう。何度か洗面器のお湯を変え、きれいなすすぎ湯で洗うことが大切です。

 

クレンジングを洗い流したあとも、うっすらとメイクの色が残っている部分があるかもしれませんが、すでにメイク汚れは肌から浮いている状態になっているので、次の洗顔できちんと落とせますのでご安心を。

 

むしろ、「クレンジングの段階で、メイク汚れを落としきる」と意識しすぎるほうが、「洗いすぎのゴシゴシクレンジング」となってしまい、肌への負担が大きくなってしまいます。

 

正しい洗顔のやり方

では次に、正しい洗顔をおこないましょう。
まずは、洗顔料をしっかりと泡立てます。

 

清潔な洗顔ネットに少しお湯をつけ、そこに洗顔料をつけて、泡立てましょう。
洗顔ネットにつける水分が多すぎると、キメのあらい、ゆるい泡となってしまいますのでご注意を!

 

洗顔に適した泡は「キメが細かく、逆さにしても落ちたりしないコシのある泡」です。指の腹で泡を触ってみて「弾力があるな」と思えたらOK。

 

この泡を両手にとって、泡のクッションで肌を包み込むようなイメージで洗います。

 

基本的には、「肌の表面でよく泡を転がす」ということを意識して、泡のクッションを完全につぶさない程度の力で、手を小刻みに上下左右に10秒ほど動かすのがおすすめ。その後、小鼻や目の周辺・唇などの、泡が行き渡りにくい部分を指の腹でササッと洗います。

 

顔に泡をつけてから、ここまでの手順を、30秒から40秒の間ですべて済ませましょう。

 

泡洗顔は、うまくやると気持ちいいので、つい長時間やってしまう人も多いのですが、しつこくやると、いくらマイルドな泡洗顔でも、やはり「うるおいの奪いすぎ」につながってしまいますよ。

 

すすぎは、クレンジングのすすぎと同様に、「人肌より少しぬるい程度のお湯」を洗面器から手ですくって、やさしく洗います。すすぎ残しのないよう、すみずみまですすぎましょう。

 

洗顔のすすぎのお湯は特に清潔にすることを心がける必要がありますから、洗面器のお湯の入れ替えも、忘れないで下さいね。

くすみを消す為のスキンケア|正しいクレンジングと洗顔の方法記事一覧

 

クレンジングのあとにおこなう洗顔は「顔の汚れを落とすための最後のプロセス」となりますから、この洗顔で、しっかりと汚れをきれいに落とす必要があります・・・が、ここでやり方を間違えると、これまたくすみを生み出す原因となってしまいます。「必死に洗う洗顔」はくすみ発生器状態!?洗顔において「汚れをきちんと落とす」という意識を持つことはとても大切なことですが、手の指で顔をゴシゴシこするようにして強く洗うのは...

 
 

クレンジングは「洗顔の前に、メイク汚れが落ちやすくなるように、油分の混じった汚れを肌から浮かせておく」という目的でおこなうもの。ですから、メイクをしている人や、洗顔料だけでは落ちにくい日焼け止めなどを使っている人にはクレンジングは必須なのですが、このクレンジングのやり方を間違えると、くすみの原因となってしまうことがあります。クレンジングオイルの使用はやめよう!まず、クレンジングにおける最大のタブー...

 
 

洗顔というのは「スキンケア前の、毎日の作業」という感じで、義務的に何となくやっている、という人も多いかもしれませんが、くすみ対策を本当にしっかりとやりたいなら、その意識を変える必要があります。なぜなら・・・洗顔というのは、くすみ対策をするために、非常に重要な存在だからなんですよ。洗顔の最大の目的とは?クレンジングを含めた、洗顔の最大の目的とは何かというと、当たり前の話ですが「その日についたメイク汚...

 
 

日々の洗顔というのは「あくまでマイルドにやさしく、でも汚れはきちんと落とす」というスタンスでやることが大切ですが、毎日毎日マイルドな洗顔ばかりだと、どうしても「汚れ落ちが物足りない」「汚れはともかく古い角質や毛穴に詰まった皮脂が落とせてないような気がする」という気分になってしまうのも事実。そんなあなたにおすすめの、週2回のスペシャル洗顔法があります。とっても簡単!週2回のスペシャル洗顔法では、週2...