こんなクレンジングはくすみのモト

クレンジングは「洗顔の前に、メイク汚れが落ちやすくなるように、油分の混じった汚れを肌から浮かせておく」という目的でおこなうもの。

 

ですから、メイクをしている人や、洗顔料だけでは落ちにくい日焼け止めなどを使っている人にはクレンジングは必須なのですが、このクレンジングのやり方を間違えると、くすみの原因となってしまうことがあります。

 

クレンジングオイルの使用はやめよう!

まず、クレンジングにおける最大のタブーとなるのが「クレンジングオイルの使用」です。

 

クレンジング剤と言えば、オイルタイプ・クリームタイプ・ジェルタイプ・拭き取りタイプなどがありますが、この中で、クレンジングのパワーがもっとも強いのは、文句なしにオイルタイプです。

 

オイルなだけに、メイクなどの油分となじみやすいんですよね。
すごいものになると「小鼻の角栓も溶かせる」というレベルのオイルすらあります。

 

しかし・・・強力なオイルでのクレンジングというのは、「肌に必要な皮脂まで乳化して、うるおいをごっそりと奪ってしまう」という、大きな欠点を持っているんですよ。

 

実際、クレンジングオイルを長年使っている人の中には、乾燥肌で悩む人の割合が多いですしね。

 

コテコテの厚化粧ならともかく、ごく一般的なメイクのレベルであれば、オイルタイプよりもずっと作用がマイルドなクリームタイプのクレンジングでも、じゅうぶん、メイク汚れを浮かすことはできます。

 

「クリームタイプだとポイントメイクがきちんと落ちそうにない」という心配がある人は、その部分だけ、事前にオリーブオイル等をなじませておけば問題ないでしょう。

 

「クレンジングしながらマッサージ」も大きなタブー

くすみを招く「NGクレンジング」の例としては、「クレンジング剤を使って顔のマッサージをついでにやる」というのもありますね。

 

「クレンジング剤には油分がたっぷり入っているから、マッサージオイルを顔につけているのと似たようなもの」などと考えて、マッサージをやる人が居るのですが、とんでもない間違いです。

 

クレンジング剤は、ただの油分ではありません。強力な乳化剤が混じったものです。
そんな強力な乳化剤をしつこく肌にすり込むようなことをしていては、それこそ、肌のうるおい成分がとことん、乳化作用で溶けて消されてしまいます。

 

拭き取りクレンジングも問題がいっぱい!

拭き取りタイプのクレンジング剤というのは、使用している人は少数派だと思いますが、これも、くすみを招く「NGクレンジング」の代表格ですよ。

 

まず、なんと言っても「肌をこする」という形になってしまうのが最大のNG。
メイク汚れを落とそうとしてゴシゴシこする、そんな毎日を繰り返していると、色素沈着によるくすみが出てしまうのは当たり前です。

 

そしてもうひとつ、拭き取りタイプのクレンジングは、「クレンジング力が頼りない」という問題もあります。毛穴に詰まったメイク汚れにまでクレンジング剤が行き届かず、油汚れを浮かせる作用が中途半端になってしまいがちなんですよ。

 

つまり、数あるクレンジング剤の中から、わざわざ拭き取りタイプのクレンジング剤を選ぶメリットは何もない、むしろデメリットだらけ、ということなのです。