こんな洗顔はくすみのモト

クレンジングのあとにおこなう洗顔は「顔の汚れを落とすための最後のプロセス」となりますから、この洗顔で、しっかりと汚れをきれいに落とす必要があります・・・が、ここでやり方を間違えると、これまたくすみを生み出す原因となってしまいます。

 

「必死に洗う洗顔」はくすみ発生器状態!?

洗顔において「汚れをきちんと落とす」という意識を持つことはとても大切なことですが、手の指で顔をゴシゴシこするようにして強く洗うのは絶対にNGです。

 

これは、「ゴシゴシこする」ということの摩擦による色素沈着が起こるリスクがあるのはもちろんのこと、肌が不必要に引っぱられることで、肌のヨレまで作り出してしまうことになります。

 

つまり、色素沈着によるくすみと、肌のヨレによるくすみ、両方のリスクがある、ということなんです。

 

また、ゴシゴシ洗いをすると、洗顔時の表情も、どうしても「目をギュッと閉じる」という状態になりがちで、この「ギュッと閉じた時にできるシワ」に埋もれた汚れが落とせなくなる、というデメリットまで出てしまいます。

 

基本的には、メイクや皮脂などの油分の汚れは、クレンジングであらかじめ浮かせていることで、とても落ちやすくなっていますから、ゴシゴシ洗いは不要ですよ。

 

クレンジング剤を使わず、「二度洗いの洗顔」だけで済ませるのはOK?

くすみを招きやすい間違った洗顔の例としては「クレンジング剤は肌に負担がかかりそうで嫌だから、良質な洗顔料で二度洗いをして、それでメイク汚れも落とす」というのも挙げられますね。

 

クレンジング剤と洗顔料、両方の役割がオールインワンとなったものなら話は別ですが、一般的な洗顔料で、メイク汚れをきれいに落とすのは、たとえ二度洗いでもかなり困難です。

 

というのも、メイクというのは、「すぐに化粧崩れしないように」という理由で、クレンジング以外の手段ではなかなか落ちないように作られていますからね。

 

洗顔料だけでメイク汚れを落とそうとしてムキになると、これまた「強く洗いすぎ、しかも肝心のメイク汚れは残りがち」という状態になり、摩擦による刺激やヨレによるくすみの発生リスクが上がるのはもちろんのこと、残ったメイク汚れの酸化から生じる活性酸素等が原因となるくすみまで出やすくなるのです。

 

ノーメイクで、さらに、スキンケア用品以外には「石けんで落とせます」というタイプの日焼け止めをつけているだけ、という状態であれば、洗顔料だけでの洗顔もOKですが、そうでなければ、必ず「クレンジングをしてから洗顔」という、ダブル洗顔の基本ルールを守るようにしましょう。

 

「朝はぬるま湯洗顔だけ」もNG?

「肌の乾燥が気になるから、朝は洗顔料も一切使わず、ぬるま湯で軽く流すだけ」という洗顔をしている人も多いですが、これも気を付けたほうがいいですね。

 

なぜなら・・・寝ている間に、分泌された皮脂はどんどん酸化していますし、たとえ自宅内であっても、空気中のホコリも必ず肌について、皮脂汚れと混じった状態になっています。

 

この汚れをぬるま湯だけで適切に落とす、というのはなかなか困難なんですよ。

 

また、夜につけたスキンケア用品をきれいに洗い流す必要がある、という点でも、ぬるま湯だけの洗顔はおすすめできません。

 

洗顔料の量は夜より少なめでもかまいませんが、朝もきちんと洗顔料を使うようにしましょう。

 

意外!シャワーを直接顔に当てるすすぎはNG!

「くすみを招いてしまいやすい、洗顔のNG」の中で、意外と見落とされがちなのが、「シャワーのお湯を直接顔に当てる」という行為です。

 

「シャワーを直接バーッとかけたほうが、洗顔料の流しそこねもないし、シャワーの勢いで顔面マッサージにもなるし、いいのでは?」と思われるかもしれませんが、濡れた肌に、シャワーのお湯というのは、刺激が強すぎるのです。

 

お湯の温度も「理想的なぬるま湯温度」よりも熱く、しかもその熱いお湯が勢いよく肌にぶつかることで、必要な角質まで浮いたりはがされたりしてしまいます。

 

これもまた、肌のバリア機能の低下を招き、「外部刺激からのダメージに弱くなる」という点で、くすみができやすくなってしまうんですよ。